賃貸住宅における雨漏り修理の対応方法

雨漏りを確認した時にやるべきこと

雨漏りトラブルは突然やってきます。賃貸住宅の場合、被害がどれくらいなのか把握しづらいのが現状です。さらに誰に連絡すればよいかという部分も分からず対応にも困ってしまいます。万が一トラブルになった場合でも早急に雨漏り修理ができるよう、知識を付けておきましょう。

二次被害を防ぐ
雨漏り修理を行なうまでの間、まずは部屋が濡れるのを防ぎましょう。雨漏りしている場所の下に新聞紙を敷きます。その上にバケツを置いて、床が濡れるのをカバーしましょう。また、天井からバケツに届くくらいの糸を針に通して、天井の一番濡れている箇所に刺し、糸の先をバケツの中に入れる方法もあります。この方法だと、バケツに水が入る時の飛び散りを防ぎ、天井部分のシミの広がりを少なくすることができます。
雨漏りしている場所を写真に撮る
アパートやマンションなどの賃貸住宅で雨漏りが発生した場合、雨漏りしている箇所を写真に収めておくことをオススメします。賃貸住宅の内部を調査して、雨漏り修理にかかる費用を支払うのは誰なのかという点を明確にするための、大切な作業です。
大家さんや管理会社に連絡する
雨漏りが発生した場合、どこから雨漏りしているのかを探す必要があります。ですから、賃貸住宅の大家さんや管理会社に連絡をして対応してもらいましょう。賃貸住宅の保証内容によっては、雨漏り修理にかかる費用を負担してもらえたり、交渉次第で家賃を安くできたりする場合もあります。

賃貸住宅の雨漏り修理は大家さんにお任せ!

マンションの模型

アパートやマンションなどの賃貸住宅で雨漏りが発生した場合、『雨漏り修理の義務は大家さんにある』ということを覚えておきましょう。本来、借りている部屋が破損・汚損した場合、借りている人に原状回復義務があり、修理をしなくてはいけません。しかし雨漏りの場合だと、原因は自然災害や経年劣化によるものが多いため、借りている人に責任はありません。ですから、借りている人に落ち度が無い限り、大家さんが雨漏り修理の費用を支払わなくてはならないのです。

賃貸物件の雨漏りトラブルQ&A

笑顔の女性

賃貸住宅で雨漏りトラブルが起きた際、色々と分からないことも出てきます。多くの人が気になる疑問を、いくつかピックアップしてお答えします。

アパートの一階に住んでいます。最近雨漏りがするのですが、雨漏り修理費用の請求先はどこになりますか?
集合住宅の最上階でしたら、大家さんに責任がある場合が多いです。ただ一階ですと、上の階から水漏れしていることも大いに考えられます。ですからこの場合は、上の階の方と話し合う必要があります。賃貸でしたら、大家さんや管理会社に連絡をして、間に入ってもらいながら話を進めていきましょう。そうすれば問題がスムーズに解決できると思います。
賃貸管理会社に損害賠償を請求できないケースもあるのですか?
賃貸住宅を借りている方に過失がある時は、損害賠償を請求できない場合があります。たとえば、「お風呂の水を出しっぱなしにしていたせいで、下の階が水漏れしてしまった」「ベランダの排水口の掃除を怠ったせいで、別の階で雨漏りが起こった」といったように、借りている方に原因があって雨漏りが発生したのであれば、借主に損害責任が問われます。管理会社に支払い義務はありません。
TOPボタン